猫背の種類と見分け方

猫背の種類

出典:homepage3.nifty.com

猫背にもいろいろな種類があります。

  • 首猫背(ストレートネック)
  • 背中猫背
  • 腰猫背
  • S型猫背(お腹ポッコリ猫背)

誰がつけたか分かりませんが、こういう風に種類分けされています。必ずしも知っておく必要はないんですが、自分の種類が分かると対処もしやすいです。

スポンサーリンク

猫背の簡単なチェック方法

自分でできる簡単なチェック方法を紹介しているサイトがあったので引用させて頂きます。

引用元:野寺助健堂

壁に背中とお尻とかかとを付けて立ってみて下さい、頭の後ろも自然に壁に付けば姿勢は良いと言えます。

背中は付いているのに頭が離れてしまう人は、背中が壁に付いているところで首猫背か背中猫背、腰猫背の判断をします、つまり一番丸まりの強いところが壁に付いているということです。

身体を壁に付けた状態で、腰と壁の隙間に手を入れます、腰猫背の人は手が入らないですよね。

正常の腰のカーブでは手のひら一枚分くらいの隙間ができます、拳が入ってしまう様な人は腰のカーブがきつすぎです、それで頭が壁に付いていないようですとS型猫背ということです。

あくまで自然に壁に沿って立って下さいね、いつもの姿勢でチェックしないと意味がありません、無理すれば頭がつくのは背中が丸くなっている証拠ですよ。

実際にやってみる

指示通り、壁にお尻とかかとをくっつけてみました。

腰と壁の間に隙間ができていますが、拳が入るほどではありませんでした。壁と腰の間に拳ほどの間は空きませんでしたが、おそらくS型猫背だと思います

以下からは、首~腰猫背について、それぞれ解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

首猫背(ストレートネック)

ストレートネック

写真は整体で首猫背の治療前・後の画像です。別名ストレートネックと言われ女性に多い印象ですが、男性にもいるようです。

見分け方ですが、外見から判断するのはプロでないと難しいと思います。僕もストレートネックと言われたけど、レントゲンを撮ってみるとそうでもなかったです。

整形でレントゲンを撮ってもらった結果、ストレートネックじゃなかった。

逆に、傍から見れば特に問題ないように見えるけど実際のレントゲンを撮ってみるとストレートネックだったと分かる事もあるみたいです。疑わしい場合はレントゲンを撮ってみましょう。

背中猫背

背中猫背

背中猫背とは文字通り背中から曲がっているというものです。厳密に言えば肩甲骨あたりから曲がっていれば、背中猫背といえるのではないでしょうか。

仕事でパソコンなどのデスクワークをされてる方に多そうですね。

背中猫背になると内臓に負担がかかり、胃酸分泌の悪化による消化不良などを起こしやすいそうです。そういえば、自分もよく下痢をするし消化が遅いので、もしかしたら胃に負担がかかる姿勢をしているのかもしれません。

腰猫背

腰猫背

写真が無かったので、自分を撮りました(;^ω^)

これはかなり大げさにやってます。文字どおり腰から曲がっている猫背です。よく農業などをされている方に多いんじゃないでしょうか?

私は実家が農家なので周りの畑へ行くと、こんな感じのおばあちゃんを見かけます。農作業をしていると、重いものを持ち上げたり畑を耕したりして、中腰になることが多いです。

もちろん年齢的なものもあるかと思いますが、長年の積み重ねによって姿勢も固まってきます。これも背中猫背と同様に、内臓系や肺が圧迫されたりします。

S型猫背(おなかぽっこり猫背)

s字猫背

猫背の中でもポピュラーな猫背ではないかと思います。管理人がこのタイプです。

本来、人間の背骨はS字にカーブしています。S型猫背ではそのカーブが極端に強く出ている状態で、おなか猫背とも言われています。(お腹がぽっこりでているから)

このタイプは非常に腰痛に悩まされます。僕も未だに悩まされ続けています。

猫背のアンケート

このブログの読者さんに、「あなたの猫背の種類は何ですか?」と独自にアンケートをとりました。

以下、結果です。

猫背の割合

ご協力いただいた方、ありがとうございました。

サンプルは少ないですが、腰猫背は意外と少ないですね。やはり、お腹がぽっこりしているタイプの猫背が多いようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加