ストレートネック「枕」を作ってみた

IMG_20141105_115207

前回行った整骨院でストレートネックと言われました。

その時、一緒に作り方も教わったので、自宅で早速作ってみました。

今回はその工程と、感想を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

 寝ている時の首

睡眠中の首

寝ている最中の首はどうなっているのでしょうか?

これは私が寝ている姿ですが、一見問題ないように見えます。しかし、整体の先生曰く、「普通の枕では理想的な首のカーブは描けない」とのこと。

座っている時に比べたら、寝ている状態は首へのストレスはかなり軽減していると思います。しかし筋の緊張は完全には取れていないようです。

一般的な枕は首のカーブなど、そこまで計算に入れて作られてはいないでしょう。ただ単に寝ている状態の首を支えてあげればいい、そういう考えで作られてるのではないでしょうか。

タオルでストレートネック枕を作ってみた

タオルを使用することで、理想的な首のカーブを実現することができます。

タオルをこのように2~3枚ぐるぐる巻きにして、筒状にします。別にバスタオルなんかでもOKです。

それを首の後ろに来るようセットします。

首に枕

こうする事で正常なカーブへと近づけ、筋肉への負担を極力少なくします。そして、寝ている間に正常なカーブへと矯正されているという事です。実際にやってみると、首の横の筋肉が柔らかくなっているのが分かります。

※寝てみて、高さが合わなければ枚数調整

一晩寝てみた

一晩これで寝てみたんですが、あんまり良くありませんでした。具体的には違和感や、タオルが複数あるのでバラけたり、寝ている最中にズレたりするのです。で、結局朝にはこうなってました。

タオルがバラける
やはり、ある程度固定されたものでないと、寝相によりズレてしまうことが分かりました。

しっかりしたストレートネック用枕の作り方

何か他にいい方法がないかな~と思っていると、ストレートネック用の枕について動画が掲載されていました。

文章で見たい方はこちらからアクセスしていただくと、詳しく見ることができます。>>タオル枕の作り方

ただ、先生のホームページにも記載されていましたが、この状態で一晩中過ごすのではなく、この状態でストレッチをするとのこと。

スポンサーリンク

作ってみた

実際に動画を見ながら自分でも作ってみました。家にもバスタオルと業務用の紐があったので、それを使って作りました。

バスタオル

できたのがコレ、ちょっと細すぎ。

タオルを巻く

1枚だけだと細長い感じになったので、2枚重ねてみました。

二枚重ね

わりと動画で紹介されていた枕に近くなりました。この枕の上に寝てみたいと思います。

自作,ストレートネック枕

前回作ったタオルよりもしっかりしていて首も安定します。自然なアーチを描いているため、筋肉もリラックスした状態を保つことができています。

また、一晩寝てみた

寝てみた結果、この状態では一晩も持ちませんでした。

理由は、違和感が強い点です。何日かすれば、慣れるんでしょうが、他にも問題がありました。

寝返りが苦しい

寝返り,首が苦しい

寝返りをうつと、このような状態になります。言いたいのは、喉が圧迫される点です。

人間の喉元には、気道と食道が通っているのですが、気道が前側にあります。あんなタオルがあれば、圧迫されて当然ですね。

横向きで寝るのが好きなので、寝ている時はたいてい横向きです。なので、分厚いタオルを敷いていると無理ということが、判明しました。

やっぱり専用の枕を買うしかないか・・・

上で紹介した枕でストレッチや数分の矯正を行えばある程度改善できるかもしれません。しかし、こういう事はだいたい1週間ぐらいでやらなくなってしまうので、根本的に解決したいと思ってます。

それには自分にあった枕選びが必要だと感じています。

もちろん、自作のストレートネック用の枕で満足できる方はそれでOKだと思います。また、枕を買ったら、この記事を更新したいと思います。

ストレートネック専用の枕を買いました

枕なしで3日間寝てみた(高い枕を買う前に!)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加