猫背としびれの関連性

しびれ

猫背と足のしびれの関連について書いていきたいと思います。猫背による影響の1つに血流量の低下があります。特に足先が冷える、なんてのは猫背にはよくある事だと思います。

冷え性としびれには関連があるように思えます。しびれが起こる原因としては、神経性と血管性の2種類があるからです。

神経性は腰のヘルニアなどが当てはまりますが、今回は猫背に関連の深い「血管性のしびれ」に焦点を当てます。

スポンサーリンク

血管性のしびれ

血管性,しびれ

血管性のしびれの代表的なものに閉塞性動脈硬化症があります。文字の通り、血管の動脈が硬くなり、詰まってしまう病気です。

血管はゴムホースのようなもので、固くなると柔軟性が失われます。。血管が詰まる事でしびれや、足のだるさ痛みなどが起こります。

手足にしびれを覚える人はすぐに病院へ行ってください。それが一番です。しかし、それだと終わってしまうので、私が考える猫背としびれの改善方などについて記述していきます。

冷え性はしびれの一歩手前?

少し大げさかもしれませんが、あながちハズレでもないと思います。冷え性というのは多くの人が抱えている問題です。

対象は318名の女性で,年齢は20から51歳,平均26.4±6.1歳であった.結果は以下のとおりであった.(1) 対象の38.7%が冷え性を感じており,更年期のみならず若年者にも冷え性は認められた

引用:冷え性の病態に関する統計学的考察

上記は女性の冷え性に対する統計学的な調査です。調査では、300名近い女性のうち、約40%もの人が冷え性を実感していたようです。

冷え性ということは血流の流れが低下している状態です。もしあなたが足にしびれを覚えているのであれば、まずは血流を改善することが大事かもしれません。

スポンサーリンク

血流を改善する方法は?

血流・冷え性の改善には、様々な方法があると思います。食べ物、マッサージ、入浴、服装、ストレッチ、運動など。私が今まで試したのは、食事、半身浴、ストレッチ、マッサージ、運動などでしょうか。

実践はどれも中途半端なもので、効果が得られても一時的であったり、効果が感じられずといった事が多いです。

猫背の特徴はデスクワーク中心の人です。あまり運動しない人ですね。運動をしないと血流が悪くなる。というのは想像がつくと思います。なので最近は運動に力を入れています。

ウォーキング

最近は冷えの対処法として、毎晩1時間ほどのウォーキングを心がけてます。毎日は大変ですが、今までやったどの方法よりも効果は出ています。去年に比べて足の冷え方が格段にかわりました。

ただ、継続しないとすぐに戻ってしまうので対処療法にしかならないです。これからも冷え性とは、長ーくお付き合いしなければいけないようです。

最後に、冷え性が改善したからといって、しびれが改善するとは限りません。しかし、原因が血管の血流量にあるならば運動は効果が高いと思います。

追記:2015.7.2

最近、冷え性が治りました(^_^;)

理由は、過度に足を温めなくなったからです。以前はソックスを常に履いてたり、暖かいマットの上に足を置いてました。それがいけなかったのでしょう。

人間には、防衛本能みたいなものがあると思います。何かカラダに不都合な事があれば、自己解決する事です。

でも、過保護に足を温めていると、その防衛本能も衰えてくるのだと思います。

足:「冷たいけど、主人が自分で温めてるから、働かなくていいやー」

本当は、足にも自分で温める力があるのに、甘やかす事によって、その能力を発揮できなくなります。

足を温める事をしなくなってから1ヶ月ほどで、ほとんど冷えを感じなくなりました。今まで、色んな対策をしていたのが逆効果だったようです。

猫背が血行不良を招く理由

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加