首の関節をボキボキする整体は危険!骨が鳴るメカニズムと事故による後遺症

首の骨

整体には骨をボキボキ鳴らしながら矯正する整体があります。

患者さんの中にも「骨を鳴らして欲しい」と希望する人もいるそうです。

しかし、ボキボキと骨を鳴らすのは何か悪影響はないのでしょうか?

今回はそれを調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

首のボキボキ動画

 

※音が出ます。

んー、音が気持ちいいですね^^

頻繁にやってると癖になりそうです。

骨(関節)が鳴るメカニズム

骨と書いてきましたが、正確には関節ですね。

指などの関節部に一定の牽引力(引っ張る力)を加えるとポキっという音がします。また、曲げるなどの行為をしても音は鳴ります。

では、どうして音がなるのか?

これには諸説あるようですが、今のところ以下が有力なようです。

 関節に物理的な力が加わったとき、内部では滑液の流れの中で真空に近い部位が出来る。そして小さな気泡が多数生じ、それらがはじけて大きな音が出る。

引用:ウィキペディア

説明が難しいんですが、まずは関節の構造について見ていきます。

関節包

出典:kata-koshikaifuku.com

関節は基本このような形で構成されています。

骨と骨の間には若干の隙間があり、周りが関節包という膜で覆われています。その関節包の中を満たしているのが滑液と呼ばれるものです。いわゆるエンジンなどの潤滑油みたいな感じです。

ここに上下の牽引が加わると

関節,キャビテーション

ペイントで頑張ってみました。もしかしたら間違ってるかもしれないんですが、絵のような状態だと思います。

骨を牽引した際に、中心部は一瞬真空のような状態になり、そこに対して周りの滑液が中心部に一気になだれ込みます。この時に、関節腔内の圧力の急激な変化が起こります。

この圧力が変化する瞬間に小さな気泡が生じて、それらがはじける。というメカニズムらしいです。説明してみたけど、よう分からんです。(^_^;)

関節を曲げる場合の音

また、関節を曲げる際に音が出る理由については以下のものがありました。

関節ボキボキ

出典:www.gokomachi.com

曲げる際に片側のスペースが押しつぶされ圧力が一定に達すると、もう片側へ流れ込み、音が鳴るようです。

整体師が関節を鳴らす本来の目的

骨格や関節の歪み・ズレの矯正や骨格筋の調整を行うが、その結果としてクラッキング音が発生するケースがある。

これらの施術は骨や関節を正常な位置に戻すことで体の変調を改善することが目的であって、音を鳴らすことは施術の目的ではなく、あくまで施術の副産物である。

引用:ウィキペディア

またウィキペディアですが、良いこと書いてます。

関節を鳴らすことは悪いイメージが多いですが、骨の歪みやズレを治す効果は確かにあるんだと思います。

しかし、患者さんからの「鳴らしてくれ」という要望が多かったり、パフォーマンス的な意味を込めてやっている整体院もあるでしょう。

整体だって商売ですからねえ、お客さんが入ってくれないと(^_^;)

スポンサーリンク

ボキボキ行為に対する整体師の意見

肯定派

実際の現場で、骨のズレによって痛みが強く出てしまっている場合ですと、その痛みが出ている時点で筋肉がどんどん緊張してしまいますので筋肉にアプローチを積極的にかけていっても経験上、治りが遅いです。

この場合ですと、筋肉の他、積極的に骨の矯正をかけて、痛み原因を先に取る方法をとったほうが、とても効率が良く回復が早いです。

引用:スーパー整体院こりらっく

「先に骨にアプローチすることによって、痛みを取ろう」というご意見です。確かに痛みを改善してもらったら、患者さんは喜ぶでしょうね。

他にも、ボキボキ整体を推奨している所はいくつかあったのですが、理論的に解説している所は少なかったです。

否定派

ボキボキ鳴らすことを度々繰り返すしていると、いつも動くグラグラな関節と、動きの悪い関節とができてしまいます。

このようにして特定の関節に負担がかかることによって、そのまわりに炎症が生じたり、ぐらぐらな関節を支えるためにそのまわりの筋肉が緊張してしまうことになります。

引用:佐野カイロプラクティックオフィス

今日もボキボキ整体後遺症の方が来院された。整体に行く度に、ボキボキされたらしい。最近はのどに何かが刺さったような違和感さえ悩まされている。

首の関節がゆるゆるである。しかし筋肉は相当張っている。そしてゆるゆるの関節にまたボキボキとやる。完全にムチウチ状態だ。

引用:京都にしもと整体院

どちらかというと、ボキボキする整体には反対する整体師さんが多かったように感じます。最近では「ボキボキしない、ゆらゆら整体」なるものが流行っていますしね。^^

首の整体による障害事故

整骨院で首の整体をしたら失敗されて 高熱と頭痛 吐き気嘔吐 激痛 首の傾きがあり、手がシビレ握力0になっても 謝罪も言わず。

他の整形外科 脳外科で詳しく検査したら 髄膜炎とヘルニアを発症、手が動かぬままなら手術とのこと。

引用:ヤフー知恵袋 (一部内容を簡略化しています。)

整体で右鎖骨の上首を強く圧迫されてる最中に右手に強いしびれを発症。整体師は最初非を認めていたものの 二ヶ月ほどたったころから対応されなくなり 泣き寝入りするしかないでしょうか。

引用:ヤフー知恵袋

整体による事故は首の矯正をしてもらった人に多いようです。

お二方とも、手の痺れを発症しており、握力が0という運動麻痺すら起こしています。首の整体はやっぱり危険ですね。

管理人の意見

僕も何度かボキボキ整体を経験しています。ボキボキ整体に対する意見としては、どちらかと言うと肯定派です。(危ないと言っておきながらですが。)

理由としては骨格に対してアプローチした方が結果が早く出るからです。

今現在も月に3~4回ほど骨格矯正に行ってますが、今まで試してきた中で一番効果が現れています。

対して、筋肉にのみアプローチするというのは中々根気がいる作業だと思います。イメージとしてはすぐに戻ってしまうという感じです。

簡単にまとめると

  • 筋肉へのアプローチ:元の姿勢への戻りが早い、時間がかかる
  • 骨格へのアプローチ:一度矯正すると10~20日は持続するが、危険はある

ローリスクで安全に治すか、ハイリスクでも結果を追い求めるか・・・という感じでしょうかね。

自分も一度だけ首の骨を矯正したときに後遺症が出ました。

ボキボキ整体で「顎関節症に?」

もし、整骨院へ行く場合はよく考えた方がいいかもしれません。後遺症が出てからでは遅いので。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加