枕の高さの測り方⇒「枕選びで悩んでいるあなたへ」

images

枕の高さについて測り方をまとめてみました。

一般の人もそうですが、特に首や肩の痛み、ストレートネックなどの症状を持っている方にとっては重要な部分です。

初めは、個人に合った枕の高さって枕を専門に扱っている人じゃないと分からないと思ってました。

でも、知識がなくても簡単に測定できる方法がありました。

スポンサーリンク

測定方法

枕の高さは、首の後面~壁(床)の距離を基本とします。

測定方法は、寝具を専門に取り扱っている「ふとんの川野辺」さんを参考にさせて頂きました。

画像は立っている時の状態で、壁から首の一番深いカーブを測定します。(①の部分を測ればいい)

枕の高さ

出典:ふとんの川野辺

測定手順

  1. 壁際に立つ
  2. いつものリラックスした姿勢
  3. 誰かに測ってもらう

高さの目安

日本人の約90%の人が①の長さは2.5~5.0cmの間となり、女性の平均値は3.0cm弱、男性は4.0cm前後と言われています。

僕の場合はなんと、7cmもありました。

ネットで枕を買うと、高さが分からない

枕をネット通販で購入する場合ですが、注意しなければならない点があります。

それは高さの表記が、頭の沈み込みを入れず、そのままの高さで表記されている事が多いです。当たり前なんですが。

赤線で引いてるのが枕の高さです。

Baidu IME_2015-2-15_11-46-15

img64209215

このように高さの表記はしてあるのですが、あくまでそのままの状態での高さです。

人間の頭を置いた状態ではありません。人によって枕の高さは違うので、商品が届いてから「なんか高さが違う」となってしまうのはよくあることです。

一番手堅いのはニトリとか、寝具が置いてある店に行くことですね。

スポンサーリンク

柔らかい枕は高さが分かりづらい

枕にも硬い・柔らかいがあるので、落ち込んだ時の高さが分からないと買いづらいです。

IMG_20150215_141935

IMG_20150215_142119

これはニトリで買った安物の枕ですが、非常に柔らかいです。

柔らかい方が気持ちはいいですが、高さは分かりづらいです。

失敗しない枕の選び方

今まで枕選びで失敗し続けている人は多いと思います。

そもそも枕なんて無くていい。そんな選択肢もあります。

猫背が「枕なし」で3日間、寝てみた感想

枕選びで失敗するのが「高さ」の問題であるなら、その高さを調節できれば解決します。

そういう枕は少ないですが、探せばあるもんです。

⇒高さ調節の出来る枕「ネックフィットピロー」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加