猫背は精神に影響を与えるのか?

ダウンロード (2)

猫背と精神面の関係はよく言われていることだと思います。特にうつ病など。

猫背の人って「覇気がない、弱々しい」なんてイメージを持たれがちです。実際に自分も、職場では「覇気がない」と上司にいじられてました。

こういった見た目に対する他人からの評価を聞く、または考えてしまうと気分も落ち込みます。

スポンサーリンク

もう少し掘り下げると・・・

また、医学的には猫背であるが故に、脳脊髄液の流れが悪くなり、自律神経の機能が低下すると、別記事で話しました。

猫背だと、どうしても神経を圧迫したり、その神経に栄養を送っている脳脊髄液などの流れが悪くなります。

参考:猫背と胃痛の関係性って?その答えは自律神経にあります。

簡単に言うと、猫背になると神経への栄養不良となり、様々な悪影響があるという話です。

自律神経の働きが体に及ぼす影響

参考記事は胃痛と自律神経の関係に関してですが、自律神経は色々な働きをしています。

目、心臓、肺、消化器系などなど。

自律神経

出典:www.oazo-fuji.com

自律神経は交感神経と副交感神経に分かれます。

交感神経

交感神経(こうかんしんけい)とは、いわゆる興奮するときに活動する神経です。

例えば、運動などのスポーツ、SEXなどで興奮している時は交感神経がすごく働いています。

kyoyzai-i9

副交感神経

逆にリラックスしている時は副交感神経(ふくこうかんしんけい)が働きます。

副交感神経の働きは、食事や睡眠など、体の機能を回復するために、様々な役割を担っています。

kyoyzai-ii

猫背になると、これらの働きが低下、鈍くなる可能性があります。

運動や食事、睡眠などは、私たちにとって生活そのものです。それらのパフォーマンスが低下すれば、おのずと精神的にもまいってきます。

が、僕は医学博士じゃないので、本当のところは分かりません。しかし、猫背になることで身体的なパフォーマンスは間違いなく低下します。体の調子が悪いと気分も優れないですよね?

たぶん、そういうことです。

スポンサーリンク

逆の考え方⇒気分の落ち込みによる猫背

逆にですが、精神的な落ち込みから猫背に発展する可能性もあると思います。

これも僕の話ですが、自分は高校~専門学校を卒業する7~8年間ぐらいはうつ病傾向にありました。

実際にうつ病が大きく弾けたのは、専門学校の終わりごろです。そして、うつ病が完治しないまま就職したので、仕事も1年足らずで辞めてしまいました。

精神的に落ち込んでいる時間が長いと、やっぱり下を向きがちです。

猫背は日々の生活習慣から来るので、精神的に暗い人は、明るい人に比べて、運動量なども違うでしょう。

そういった部分でも精神面から猫背へと発展することは、あながち間違いではないと考えます。

僕が7年間、うつに悩まされた体験

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加