自転車を乗るときに良い姿勢を保つ2つの方法

自転車

自転車って、少なくとも中学~高校までの6年ぐらいは乗るものですよね。その時の姿勢ってどうでした?私はがっつり前のめり姿勢でした。姿勢としてもあまりよくありません。

更に部活道をやってたので、少し大きめのショルダーバッグを背負って登校していました。そのおかげで、今は右肩が若干下がっています。(^_^;)

自転車というものは案外長い間乗るものです。大人になってからでも通勤手段として活用する人も多いと思います。そんな人のヒントになれば幸いです。

スポンサーリンク

基本、荷物は背負わない

自転車に乗るときには、基本的に荷物は背負わない方が良いと思います。特に片方の肩に掛けるショルダーバッグなどは、肩周囲の歪みを引き起こします。

両肩で背負うリュックサックも出来れば背負わない方が良いです。荷物の重さはそのまま体重にプラスされます。それにより、腰部にかかる負担も増大し腰痛などを引き起こします。

荷物はできるだけカゴに入れておきましょう。

ママチャリよりはマウンテンバイク

わたしの学生時代はママチャリが流行ってました。ちょっと悪ぶって乗ってみるんですよね。別に違反じゃないですけど(^_^;)

でも、ママチャリに乗ってるとハンドルが手前にあるぶん、背中を曲げやすいです。ママチャリに乗ったことがある人はなんとなく分かりますか?

また、重い荷物や坂道を登っているときはハンドルが不安定になるので、腕以外への負担も大きいと思われます。

それならばマウンテンバイクがマシだと思います。

最近は学生でもマウンテンバイクを乗っている子が増えたなあと思います。マウンテンバイクは腕を突っ張るような姿勢になるので、背筋が丸まる事は少ないはず。

また、機能面でも優れているので、断然こちらがよろしいかと思います。

あっ、普通の通学用自転車でも問題ないと思います。

むしろこっちの方が荷物が入れられますし、背中も丸まりにくいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加