反り腰になる原因は腹筋が弱いから!

images

今日は反り腰になってしまう原因を考えたり、調べたりしていました。

その結果、やっぱり腹筋が弱いんだなという事が分かりました。

でも腹筋を鍛えるのって結構しんどい・・・

なんか楽に鍛える方法ないかな~?

スポンサーリンク

そもそも腹筋が弱いのはなぜ?

どうして腹筋が弱いと思います?

一日の内で「俺は今、腹筋を使っているな~」と実感するのはどんな時でしょう・・・・・正直思い当たりません。

寝ているとき、立っている時、デスクワーク、歩き・走りなどなど。一日の生活・動きの中で腹筋が活躍している場面てほとんどないと思います。

あっても、微々たる筋活動ぐらいではないでしょうか。どちらかというと、背筋の方がずっと働いています。

背筋の方が働き者

背筋というのは正しくないですね。ほんとうは脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)と言うべきでしょうか。でも背筋の方が分かりやすいですね。(^_^;)

腹筋に比べ、背筋の方が働いているのは想像つくでしょうか?

自分のお腹と背中に手を当てて比べてみてください。デスクワークや歩いている時が分かりやすいです。

ダウンロード

デスクワークでは、上体を支える為には、主に背筋が働いています。これは分かると思います。

歩いている時も、意外と使われていています。働いているポイントは、片足が浮いている時です。

walking2

腹部と背部に手を当ててもらうと分かるんですが、背筋の方が優位に働いている気がします。

まあ、キチンと筋電図でもとれば腹筋も働いているんでしょうが。どちらかといえば背筋にかかる負担の方が強いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

猫背になると余計に腹筋が使われにくい

猫背になると背中が曲がります。すると体幹を支える為に、余計に背筋が働きます。

対して腹筋は背中が曲がるほどに、使う機会を失い、筋力も衰えていきます。腰から曲がる腰猫背が分かりやすいですね。

>>腰猫背とは

お腹ぽっこり猫背だと腹筋優位で働きそうなんですが、そうでもないです。

お腹ポッコリ猫背

これは私の写真ですが、こんなにお腹が出ているのに腹筋は全く働いてくれません。ただ伸びているだけ、というのが感想です。

こんなに腹筋が伸びているんだから、働いてくれよ!と思うんですが、フンッと腹筋に力を入れないと働いてくれないです。(´;ω;`)

どうして腹筋がダルンダルンに伸びてるの?

なんで反り腰になると腹筋がダルンダルンになってしまうのでしょうか。筋肉なんだから、もうちょっと張りを取り戻して欲しいところです。

これについては前に調べたのですが、筋肉組織に変化が生じるようです。

簡単に説明すると、

  • 筋肉は小さい筋細胞で出来ている。
  • 1つの筋細胞は姿勢によって伸びる事はできない
  • 変わりに数を増やす事で、延長している

えっと、筋肉が伸びているワケではなく、筋肉を構成している筋細胞が増殖して、長さを作っているんですね。分かりにくいですね。

関連記事>>不良姿勢が筋肉に与える影響│適切な張力を維持するには?

適切な長さに戻す方法としては筋トレが良いと考え、現在実践しています。

>>筋トレで猫背が治るのか!?自宅でできるチューブ筋トレに挑戦!

ただ、こんな筋トレで良い姿勢が作り出せるかは分かりません。なので実験しています。

私の猫背は反り腰が大きなウエイトを占めていると思うので、この部分にアプローチし続け、姿勢を改善したいと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加