猫背は後ろ(かかと)重心になりやすいのか?

重心線

さて、あなたが立っているとき、足の重心はどこにありますか?踵、それともつま先、もしくは土踏まずですか?

僕の場合は、おそらくかかと重心になっていると思います。感覚的にですが。。。

猫背はかかと重心になる事が多いみたいですが、猫背の種類によっては前のめりの姿勢になってたりします。

自分は立っている時、足のどこに重心が偏っているか考えながら見てください。

スポンサーリンク

猫背はかかと重心が多い?

また、猫背の場合、踵重心になりやすいそうです。↓

かかと重心

出典:http://kahanshindiet.net/nayami/12.html

ただ、全ての猫背が踵重心かと言われれば、そうでもない気がします。

横から見た正しい重心線

立っている時の正しい重心はどこか分かりますか?

足だけに限定して見るなら、外くるぶし(外果)の少し前方です。

重心線

出典:http://therapistcircle.jp/koujyuryokukin/

専門用語が多いですが、このような部分を点で表し、それを結ぶ事によって、重心にズレがないかを確認します。

猫背のように、姿勢が曲がっていると、こういう真っ直ぐしたラインにはなりません。

猫背はかかと重心が多いみたいですが、かと言ってつま先に重心を置けば良いというわけでもありません。

理想的なのは、拇指、小指、踵の3点で体重を分散し、重心は土踏まずあたりが理想的みたいです。

足裏接地面と重心図

出典:naturallife.go-jin.com

踵、つま先重心になる猫背のタイプ

では、猫背になったらどのような重心線になるのか自分の体で試してみます。

今回は、猫背の中でも代表的な腰猫背(腰から曲がる猫背)と、お腹猫背(お腹がぽっこりしている)で実験したいと思います。

まずは、腰猫背スタイルです。

腰猫背の場合、踵重心とつま先重心、どちらも考えられます。

①踵重心

後ろ重心

②つま先重心

前重心

上の写真は、紙きれを各ポイントに貼り付け、それをラインで結んでいます。こうすることで、どのようにバランスをとっているか分かりやすいかな?と思いました。

①は後ろへ仰け反らないよう、頭・胴体を前へ傾けています。

②は、お爺ちゃん、お婆ちゃんがよくやる姿勢ですが、こっちの方が安定します。

どちらのタイプも割といそうな気はします。

スポンサーリンク

お腹ぽっこり猫背の場合

③前重心のお腹ぽっこり猫背

前重心

僕がよくやるお腹ぽっこり姿勢ですが、極端にお腹を突き出すと、どうしても前重心にならざるをえません。

こうして、ラインで結ぶと、どのようにバランスをとっているかがよく分かりますね。

まとめ

猫背の場合、重心の位置は後方重心が多いのかもしれません。ただ、猫背にも色々と種類があるので、一概には言えないかと思います。

今回調べた重心ですが、適切な重心が分かったら何かあるわけじゃありません。

先日も言ったように、意識するだけでは何も変わらないです。今回の場合、「土踏まずを意識して立つ」とかですかね。でもすぐに忘れちゃいます。

自分だったら、履いている靴を見直すかなーと思います。あとは中敷とかかな?

裸足は関係ないかもしれませんが、日中仕事をしている人なんかはずっと靴を履いてます。もし、靴を変えるだけで重心位置が適切に戻ればいいですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加